転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

ブラック企業の面接での見分け方とは?回避する為の逆質問5選

   

Pocket

BL007-turibashikouka20140810_TP_V

ブラック企業!

もうこの言葉を知らない方は少ないと思いますが、これから就活する方や転職する方は就職したとしても特にブラック企業だけは絶対選びたくないもの。

ですが実際にブラック企業を体験してない方からすると一体どういったのがブラック企業なのか?見た目で判断するのはまさに至難の業です。

就活でも転職でも面接は多数するものですから採用が決まっても最後にどこを選ぶのか?となるとやはり良いイメージの会社を選ぶのは間違いないでしょう。

でも…もしかしたらそれがブラック企業だったら…

まさにTHE END!

それだけは絶対回避したいところです。

そこでここではこれから就職や転職する方がブラック企業を面接で回避する為の見分け方をご紹介していきます。

ブラック企業を見極める為の逆質問もご紹介しますので是非、自分のこれからの為に覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク




ブラック企業を面接で見分け方とは?

OZPA_kimisaiyou_TP_V

就職や転職でも1番の山となる面接。

面接ではつい緊張しすぎて下手になり、どこの企業へいっても同じように繰り返すのでどこの企業が良かったのか?と言われると社内の雰囲気やイメージだけが残って企業の見分け方が疎かになってしまいます。

一体どういったところでブラック企業と見極めるべきなのか?まずは面接での質問をされる前の段階で見分け方をご紹介していきます。

 

見分け方その1.面接の連絡が急だったり遅かったり

ブラック企業の見分け方の1つとなるのが面接の応募からの返答。

企業により書類選考や電話からその後、面接が始まっていきますが、普通の企業だとある程度の日程と時間を面接者と取り決めながら進めていきます。

ですがブラック企業の場合は数日後の面接のはずが「今から」とか「明日」からとかこちらの都合はおかまいなしに面接を取りつけようとします。

また別のブラック企業では面接後の連絡もなく完全に不採用だったかと思いきや書類の通知もないまま終わったかと思いきや突然、連絡が来たりします。

こんな面接での連絡が急だったり遅かったりするのは要注意!

ブラック企業の可能性は大だと思っていいでしょう。

毎日が何かと多忙?なイメージを装うブラック企業ならではの乱雑な管理体制は連絡の1つ1つに出てきます。

ブラック企業の見分け方の1つとして面接での連絡の対応で不自然さを感じたら疑いの目を持つようにしていきましょう。

 

見分け方その2.面接官の見た目や対応が不自然すぎる

企業での面接では採用されたい気持から何かと面接官の言葉ばかりに耳を傾け、面接官の見た目や対応は疎かにしがちです。

ですがここにもブラック企業かも?と思われるヒントがたくさん隠れています。

面接官の見た目をみるとブラック企業では面接官が男性であっても女性であっても

  • 服装の清潔感や服のしわ(ちょっと荒れてる感)

が目立ち

  • 対応では言葉の内容やキレ口調

結構、乱雑で大雑把な対応をしてきます。

おそらくブラック企業ならではの日々の長時間労働からくるストレスからでしょう。

どんなに表面上でも上手く作っても注意深くみると答えは自ずと分かってきます。

面接ではつい受け身になりがちですが、ブラック企業を見極める為にも面接官の見た目や対応もつぶさに観察できるようにしていきましょう。

面接での見た目での見分け方を覚えるだけで緊張度が大きく変わってきますので、見分け方にハマっていった場合は落とされるぐらいの気持ちで力を抜いていきましょう。

 

見分け方その3.従業員が暗い、違和感がある

ブラック企業ではブラック企業特有の雰囲気があります。

それは外からみると中々分かりませんが内部に入るとブラック企業の見分け方がすぐにわかります。

従業員が暗かったり、あいさつをしてもしてこなかったり、やたら不機嫌だったりした時はブラックの可能性大。

当たり前のことができない従業員がいる!

この時点でまずアウトと考えていきましょう。

もしその会社に入社したとなると今度はあなたがその会社で新たにくる面接者に同じことをしていることと同じにするはめになるのですから。

他にもブラック企業の特徴としては

・罵声が飛んでいたり
・面接の内容が適当
・面接が早い
・会社内が汚かったり

 

します。

面接での応対前に沢山のヒントが実は会社や社内にたくさん落ちてますので社会科見学のような気持ちで会社全体を観察できるように上記のポイントを頭に徹底しておきましょう。

スポンサーリンク




ブラック企業を見極める逆質問

OY151013131157_TP_V

面接での面接官の質問となると緊張からつい面接官の質問にのまれがちです。

結果として雰囲気にのまれマニュアル通りにやり過ごし、ブラック企業を見分けられなくなるので下記の逆質問を上手く使い面接官の返答を確認しながらブラック企業を上手く見極めていきましょう。

逆質問1.残業や時間外の支払いはどのような形か?

ブラック企業が特に聞かれたくない残業や時間外の支払い。

まさにギクッこいつ…となるこの逆質問は面接官の動揺を誘います。

この逆質問について具体的に数字を交えて説明せず、質問を交わすような言い方だったら要注意です。

質問に対する回答に不自然と感じたらブラックかも?と考えていきましょう。

 

逆質問2.仕事内容を詳しく知りたいのですが…

確認の為にも質問がしやすい仕事内容の逆質問。

求人の内容や自分が求める仕事内容か確かめる為にも具体的にどのような事をしているのか?問いかけてみましょう。

この答えに対し、いろいろとやっています!とか私は人事なのでと言い出したらアウトです。

人事が会社の内部を知らないってことはありませんからね。

ブラック企業ならではの多忙さがあると考えていいでしょう。

 

逆質問3.社員の平均年齢を教えて下さい

ブラック企業にもよりますがブラック企業では平均年齢が極端に若い可能性があります。

簡単にいってしまえば40~50代等の中間的な年齢層が多い会社だと問題ありませんがこれが20~30代若いとなると話は別です。

逆に若い=元気がある会社ともいえますがもう1つの意味は若い人しか続かないとも受け止められます。

これはすぐに判断する点が難しい逆質問でもあるので、社員の表情や面接官の表情や対応を観察しながら不自然さがあるかないかをチェックしていきましょう。

 

逆質問4.女性の年齢層は何歳の方が多いですか?

どちらかというと女性の方が聞きやすい、女性の存在の有無。

女性が年齢層は何歳と逆質問上おかしな失礼な言い方になりますが聞きたいことは、「ママ」はいるか?ということです。

結婚や出産がある女性だからこそ会社ではそのような先輩がいるかいないかは重要なポイント。

ブラック企業ほど結婚や出産を嫌う傾向にあるのでそのような女性に優しい会社かどうかを見極めていきましょう。

 

逆質問5.職場の雰囲気はどのような感じでしょうか?

面接官にやる気を感じさせるアピールができながらもギクッと思わせる逆質問、職場の雰囲気を聞く。

ブラック企業はあまり職場の環境をうまく濁して話をそらそうとします。

簡単にいうと汚いですからね(笑 濁して交す以外ありません。

ブラック企業の面接官のぼろが出やすい上にブラック企業以外の面接官もこの質問はあなたを売り込む為の良い質問なのでできるだけ使っていきましょう。

 

まとめ

 

見た目では上手く隠して良い会社を演出するブラック企業。

向こうも人材をすぐに求めているので上手に人材を集める為に努力をしています。

ただ毎回思うことですが人材を引っ張る努力は上手なのになぜ長時間労働や安月給は上手くできないのでしょうか?

ちょっと不思議すぎますが…と余談はこの辺で。

これから先ブラック企業に捕まらない為にも是非上記の見分け方や逆質問は覚えて良い企業に巡り合ってくださいね。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - ブラック企業かも?と思ったら