転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

ブラック企業より怖いブラウン企業とは?その特徴と見分け方を紹介

   

Pocket

MAR86_renganotex20140101_TP_V

昨今、テレビやネットなどのメディアを通してよく聞くようになったブラック企業。

ブラック企業のランキングやネットで今度受験しようと会社の事を検索すると類似キーワードにブラック企業だとか書いてあってビックリした経験もある方も多いのではと思います。

ブラック企業と言えば、パワハラとか賃金未払い等があげられ、働いていると周りからもつい頑張ってるね!と同情の目でも見られがちですが…

本当に怖いのはブラック企業よりもブラウン企業という企業になります。

ブラウン企業って何?とこの言葉を初めて聞く方も多いですが一体どういう風な企業を指すのか?

黒でも白とも言えないこげ茶色のブラウン企業について。

どんな企業なのか、どういう風にブラック企業より怖いのか?

ブラウン企業の特徴や見分け方を学びながら、転職先として回避できるように対策していきましょう。

スポンサーリンク




ブラウン企業の特徴とは?

MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V

ブラック企業より怖いと言われるブラウン企業とはどんな会社なのでしょうか?

まずはブラウン企業の見分けることができるようにブラウン企業の特徴を抑えておきましょう。

 

特徴その1.面接の対応が悪くあいさつをしない。

面接で会社にお邪魔しても受付の対応が暗く。

面接官の対応が横暴又は適当だったらブラウン企業の可能性は高いといえるでしょう。

 

特徴その2.社員の服装・態度など社員教育が行き届いていない

対応される方の服装に清潔感がない、こちらがあいさつしても対応が悪いなど社員教育されているのか!?と思う点があったらブラウン企業可能性は高いでしょう。

 

特徴その3・オフィス環境がわるい

空調が悪く異様に寒いなど空調がわるい。

利用しているPCや機器が古かったりマイナーだったりしている。

また、デスクの幅が狭いなどオフィス環境をケチっている傾向があります。

 

特徴その4・社長室がやたらと立派

社長の見た目もふくめワンマン経営の香りがぷんぷん。

ソファーやおいてあるモチーフなど意識して見てみてください。

社長室が凄いと思ったらがブラウン企業の可能性が高いといえます。

 

若干、ブラック企業に似た特徴がありますが、ブラウン企業の最大の特徴は人を酷使する環境ではなく堕落させる環境であるということです。

ブラック企業の場合、低賃金に長時間労働など厳しい環境化が特徴的ですが、企業次第ではブラックであっても受け止め方次第では成長できる環境下が整っています。

ですがブラウン企業は企業自体が横暴、乱雑な傾向があり、教育が整っていないため、成長できずその企業に慣らされていく傾向があるようです。

社員が毎日やる気と活気で満ち溢れている会社で働くのと乱雑で適当な会社で働くのはその先のことは考えなくてもわかることです。

ブラウン企業がどんな企業かわかったところで、次はブラウン企業に転職しないように見分け方をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




ブラウン企業の見分け方について

OY151013131157_TP_V

では、特徴を押さえたところでブラウン企業へ行かないための見分け方というのはあるのでしょうか。

見た目上の特徴を見れば見分け方は問題ありませんが会社によりうまく隠す会社もあるでしょう。

そんなずる賢い知恵を持つブラウン企業の見分け方はあるのか?というと

見分け方はあります!

ここからリアルなブラウン企業を見分け方をご紹介していきますので是非、見分け方の方法として覚えておいてくださいね。

1番簡単な見分け方をご紹介するなら

面接の機会や内定後などに会社訪問の機会をもらう

という事です。

見た目上で面接の場のみは隠せても隠すことができないのが会社内の実情。

面接で

「現場を見せてください」

 

というだけであなたの働く意思も伝わりますし、また現場をみることで働く姿も見えてきます。

普通の企業なら社内の案内や施設の簡単な説明などは面接の時に見せることが可能なので

面接官「面接時に質問はありませんか?」

 

などと質問された時に思いつかなかったら

あなた「社内の見学をさせていただけますか?」

 

など聞いて入社前に見学させてもらう権利をGETしましょう。

見せてもかまわないならそのまま自分の目で見分け、見せれないならちょっとブラウン企業の可能性が…と考えていいでしょう。

 

まとめ

 

ブラウン企業の特徴や見分け方をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

そういえば、この前面接へ行った会社ではオフィス見学をさせてもらえなかった。

最終面接が社長室でしたが、やたら豪華でなんか緊張したな。

と思い当たる項目があった人はその会社はひょっとしたら「ブラウン企業」かもしれません。

ぜひブラウン企業の特徴と見分け方を照らし合わせて働く場所を選定していきましょう。

内定なら辞退も可能ですし、安心してその会社で働く為にも不安な項目は一つでもつぶしておくべきです。

会社の案内などを受けた覚えがなかったら、内定承諾書を会社へ提出する前に自分の目で会社を再度判定しに行ってみて下さい。

気になったけど、気にしないようにしていたなどは絶対NG。

そういう人こそブラウン企業で毎日充実してない仕事をズルズルとするはめになるといえるでしょう。。

もう一度、特徴と見分け方をよく見て入社を検討している会社を自分で見極めていきましょう。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 転職前に知っておきたいこと