転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

ニートにフリーターに無職の違いをわかりやすくまとめてみた

   

Pocket

VER88_sumafonayamu15150207_TP_V

これらの言葉の意味合いは何となく知っている方も多いでしょう。

日常生活で、ニート・フリーター・無職の単語を目に移す機会もあると思います。

イメージ的にはどれも似ているような気がしますが、改めて考えると首を傾げてしまいますよね。

一体これらの違いは何なのか?

と言われると一言で答えると難しいですよね。

そこで、今回はニートとフリーターと無職の違いに関してわかりやすくまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク




ニートとフリーターと無職の違いとは?

magnifying-glass-626174_960_720

社会人になると聞くようになるニート、フリーター、無職。

これらの違いは一体何なのでしょうか?

まずはそれぞれの違いを調べる為に、それぞれの特徴をわかりやすくまとめてみることにしました。

 

ニートって一体なに?

時代が2000年をむかえると徐々に浸透してきたニート。

イメージ的には働いてない!といったイメージがありますが、定義をみると

  • 15~34歳までの男女
  • 家事、通学、就業していない

人のことを指すことが判明しました。

簡単にいうと「15~34歳までの方で何もやっていない人」であり、また特徴としては「働く気がない人」を指すようです。

ちなみに意味は「Not in Employment Education or Training」の頭文字から成り立っています。

 

フリーターとは?

ニートよりもっと前、働く一つの形として日本で浸透しているフリーター。

フリーターと聞くと働いているけど正社員じゃない!といったイメージがありますが、定義をみると

  • 定職につかず、アルバイトで生計を立てている人
  • 15~34歳までの非正規雇用者

ということが判明しました。

イメージどおりですが、この定職と言う形をのぞけば、自由な働き方をしているといえますね。

何だか羨ましいような言葉にも聞こえますが、定職していない以上、

  • 給料
  • 社会的保証

は手厚くないといえます。

またフリーターになる人の特徴を探ると

・学生
・主婦
・夢追い

 

など様々の形が存在します。

 

無職とは?

無職、文字通りの言葉で「職がない人」のことを指しますが、無職の定義をみると

  • 職業を持たない人
  • 正業を持たず世を渡る人

といった意味があるようです。

つまり無職とは裏稼業で生計を立ててる方も含まれていることが判明しました。

無職の中に裏稼業が入るとはちょっと驚きですが、無職になる方は一時的とはこの日本で多くいることでしょう。

会社がリストラにクビに、転職。

理由は様々ですが、場面に応じてこの無職を社会上で1番身近なものと言えます。

スポンサーリンク




社会的貢献度で違いをみてみると?

PAK73_kaigainookane20140531_TP_V

ニート、フリーター、無職。

どれも同じようなイメージがありますが、それぞれ違う形態が指すことが分かったところでその違いを社会的貢献度でまとめると

  1. フリーター
  2. 無職
  3. ニート

といったところでしょうか。

フリーターはまだ社会で働いている以上、社会的に地位が高いですが。

無職とニートを比べるなら無職はフリーターとニートの中間にあると言えます。

ゆえにどちらにでも移行も出来、またそれ以上の地位、正社員という道もあることでしょう。

あくまで社会的貢献度から考えた違いですが、フリーターと無職はまだ救いようがあると言えますね。

 

ニートとフリーターの違い

よくニートとフリーターのあり方の違いについて区別がつかない方がいらっしゃいますが違いを簡単に分けるなら

  • 15~34歳までの男女で働いている人、いない人

ということになります。

どちらも年齢制限がある為、違いを区別するときは仕事を確認すると良いといえますね。

言葉の意味は似ていてもあり方は全く違う、ニートにフリーターに無職。

間違った言い方をして相手を傷つけないように、また自分がなった時にそう思わないように適切な言葉を使っていきましょう。

 

まとめ

 

急速に発展する社会の中でニートフリーター、無職になる方は多数いることでしょう。

どのあり方に関してもなぜそうなったか?は人それぞれだと思いますが・・・

どの立場であっても食べていく為には「お金」が必要になります。

そのお金さえ用意できればそれこそ、人のあり方は自由ではないかと感じるところです。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 仕事のことはココ