転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

面接でライバルに差をつける!長所や短所の考え方や作り方

   

Pocket

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

新卒も転職者も含めて面接の際によく聞かれる事のある質問事項の一、長所と短所。

もうほとんどの面接を受ける方がこの点をおさえているとは思いますが、実際に長所や短所を自分なりに考えると正直難しいもの。

  • 他の面接者と答えがかぶらないか?
  • ありきたりな長所や短所になってないか?

等、どのように答えるのがベストなのかよく分からないって方も多いのではないでしょうか?

ここではこれから面接に考えている方で長所や短所に悩んでいる方の為に面接でおすすめの長所と短所をどのように答えるのが良いかを考え方や作り方を紹介します。

スポンサーリンク




面接で長所と短所を考える前に

PAK86_pennotekakikomi20140312_TP_V

面接での長所と短所を考えるその前に、面接をこれからする方の全てに前もって行ってほしいことがあります。

それが

自己分析

です。

自己分析というとなんだか心理系なイメージして難しい感じがしますが、そんなに難しいものでもありません。

本やネットでよくあるサイトとかで適職診断や性格診断のようなもので構いませんので自分のあり方を含めて簡単な自己分析を行っていきましょう。

自己分析を行わないまま、面接で長所や短所を考えてもついよく見せようとして本心とは違う、浅い答えになってしまい自分に自信がもてません。

そんなことにならないように自分とは?の整理をかねて自己分析することをおすすめします。

自己分析で過去のエピソードを振り返るとたまに自分の新たな性格や一面が表れている場合があったりすることのでその場合はそのまま長所の説明をする方向に持っていくことも可能です。

例)子供の頃、●●が得意で~

 

今ではなく過去から話すとなると面接の時にも面接官により強くアピールする事ができ、あなたのイメージがより印象的に残るのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク




長所や短所の作り方

長所と短所が分かったとして具体的にどのように説明するのか?についてごしょうかいしますとまず、長所については自分のエピソードを加えて説明するのが1番望ましい形といえるでしょう。

長所も短所もあなたが生きてきた経験の中で生まれるもの!

面接で長所を話す場合は、長所という強みをどのように業務で活かすのか、どう発揮するのかに触れておくと一貫性のある流れでアピールする流れを作ることが可能です。

  1. 過去の流れから分かった長所
  2. 長所をどのように仕事に活かすか?

この2点にポイントをおいて長所の説明を考えていきましょう。

次に、面接で短所を説明する時は、短所だけ説明して終わらせない様に工夫する事が大事です。

短所は自分の弱みになるのであまり長く語る必要はありませんが…

短所が仕事上で逆に役立つ場面もあるように説明すると短所は長所へ生まれ変わらせることもできるといえます。

例えば、神経質な事は短所とも言えますが、受け止め方次第では細かい所まで正確に行う事が要求される業務では役立つ場合もあるのではないでしょうか?

さらに加えて、克服する為の努力をしている事も伝えておけばさらにあなたが自己分析ができる客観的な視点をもつ人間のアピールもすることが可能です。

面接で長所と短所を話す際にも自分をアピールする点を意識する事、そして短所も長所もしっかりとしたプラスの説明ができるようにまとめていきましょう。

 

長所短所の例文について

長所や短所の例文に関しては、本やネットを調べると数多く見つかります。

基本的に先ほど例で記したような似たような内容ばかりですが実際に例文を幾つか読むと、答え方が掴みやすくなると思いますのであくまで参考に程度に受け止めてみていきましょう。

流れが分かったら後はアレンジ!

あなただけの長所と短所をあてはめながら独自性のある説明を紙に書き出しながら作ってみてください。

よく面接でネットや本を参考に丸パクリで面接で受け答えする方がいますがその方法はお勧めしません。

何十、何百と人を見てきた面接官にはよくある長所や短所は通用しませんので必ずあなただけしか生み出すことができない長所と短所の説明文を作って対応するようにしていきましょう。

 

まとめ

 

転職活動の際には面接で長所や短所を答える為に、事前にきちんと下準備をしておく事が大事です。

そしてその下準備の元に面接では自分だけにしかできないPR方法を加えてアピールしていきましょう。

人とはベースは一緒でも、ここからは自分だけのオリジナル!こういったポイントを面接官は好んでいますので、差別化ポイントを積極的に磨き面接官の心をくすぐってみてくださいね。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 受かる面接対策について