転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

仕事探しに悩む全ての中高年へ!悩みを強みにする仕事の探し方を伝授

      2016/03/05

Pocket

0I9A114915030133prezen_TP_V

中高年から仕事探しがうまくいかずに悩み中…

年齢も年齢だし、中高年になるとなかなか仕事探しをしてもよい所のご縁に結ばれる事がなくそれが今の悩みという方も年齢を悲観的に考えマイナスに考える方は多いのではないでしょうか。

仕事探しをする上でハローワークを中心に探しても年齢規制で応募できる幅がぐっと狭まったり書類選考を年齢で不通過など…悩みが増える一方で希望を見出せずにいる方も多いことかと思います。

ですが中高年いう年齢を悲観的に考える必要はありません。

中高年という人生の先輩として経験と実績が他にはない年齢によって積み重ねた武器なのですから。

ここでは年齢によって積み上げた中高年だけがもつ武器をどう活用して仕事探しをするのか?具体的な仕事の探し方を伝授していきます。

スポンサーリンク




年齢はマイナスにならない!仕事の探し方

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

まずはじめに中高年の方が働く場合、仕事探しの中で覚えておいて欲しいポイントが2つあります。

それが

  • 簡単な仕事
  • 経験を活かす

のどちらかにポイントを当てて探していくことがベストだということ。

一体どういうことなのか?というと具体的な説明は以下の通りです。

簡単な仕事の場合

まず中高年の方の仕事を調べると、今出ている求人の傾向では軽作業の仕事が多く見かけます。

内容を詳しく紹介するならば

・福祉関係
・警備
・調理師補助
・ホテルのベットメイク

 

などさまざまな仕事が見つかりますが、なかには短時間の仕事や体力的負担が少ないものも存在します。

一般的に中高年になると応募できる求人が少なくなると思っている方も多いようですが、ようは仕事の探しの枠のひろげ方が狭いというだけのことになります。

実際に募集内容を見る限り、仕事を軽作業と割り切るなら中高年やシニア歓迎という案件も多くあるのは間違いありません。

新しい仕事といっても軽作業というくくりで考えると中高年の方に人気の仕事もあり未経験でも経験者優遇でも仕事探しは可能といえます!

初めてのことなのでついマイナスに考えがちですが案件が未経験、シニア大歓迎なら思い切って応募していいのではないでしょうか。

どんな仕事でも仕事は仕事。

初めての仕事となると年齢とプライドが邪魔して前向きに考えるのが難しいですが、それも仕事始めのときだけです。

慣れてしまえばこれまで培った経験や技術を活かすことができるので効率的かつ的確にやれる日も早々遠くないといえるでしょう。

それこそ若者にない中高年の強みなのですから。

 

経験を活かす場合

自分の経験した職種につきたい!と考えている方はまずは、これまで経験した職種でどのような実績を積んだか今1度再確認してみてください。

例)

・何十年、●●と向き合ってきた
・1日も休まずに●年働いた
・●●でトップをとった
・業績があがった

 

などなど数字を交えて探せばこれまで培った経験と年数がプラスに動き、面接でも有利な状況を作ってくれます。

つい経験を活かす仕事を探し面接する場合、これまでの経験や実績から自信をもった表情は作れる方もいますが逆に経験がまとまらず面接で緊張し不安になってしまう方もいらっしゃいます。

面接はあくまで企業と自身をすりあわせをする場、お互いがお互い手を取り合い協力していくためにも経験則から見える自分の実績を洗い出し整理していきましょう。

実績を口でいえるかいえないか?自分がしてきた仕事に誇りがあるかないか?が確認できれば新しい職種へ活かせる可能性もでてきますし思わぬアイディアから新しい方向性も見えてきます。

これから仕事探しにプラスになるように今1度自分の可能性をひろげる為にも紙に書き出しながら整理してみてください。

若者にはない年齢と共に気づき上げた武器がそこには必ずあるのですから。

スポンサーリンク




仕事探しに迷うとき

PAK95_sunadokei20141018123010_TP_V

また、仕事探しをする中でどうしてもいろんな条件が自分にありすぎてそれが悩みだ…という方もいらっしゃるかと思います。

そんな時は自分の頭の中の整理するために働く上での条件を書き出してみて下さい!

紙に書くとなると面倒くさくて敬遠しがちですが紙に書くことほど自分の頭を簡単に整理できる方法はありません。

紙に一度働く上での条件を10個ほど書き出してみてこの5個だけは必須であとは△!

など条件を絞ると仕事の幅が広がるので仕事探しが有利になると思います。

例)

・第一は週休二日制
・第二第四が休みならOK
・未経験でも優遇
・研修制度があるなら普通の会社もトライ
・駅に違い方がいい
・交通費が必要
・給料は最低~万円

 

など条件を書いてみて仕事を探すと理想と現実の壁も見え自分の求めている条件の仕事を探すことができます。

紙に書き出し、整理する、求める条件を探す。

この手順を行うか行わないかだけで求めてる職種にも就くことができますし、無駄な求人を見ずに絞ってみることができるのでまずは書き出すことから始めて行きましょう。

 

仕事探しの次は魅力ある志望動機を

仕事探しをしている中高年の方の中には、仕事が見つかっても応募して書類選考で落ちるからと考え中途だから、履歴書よりも職務経歴書が特に重要視していると考えている方も多いようです。

ですが職務経歴書に力を注いでも企業の応募人数が多い場合、そこから人選を行う傾向があるので履歴書を見て「不採用」と判断すれば職務経歴書を見てもらう可能性は限りなく低いということを覚えておいてください。

仕事には自信はあるのに見てもらえない…じゃあ、そんな時はどうするのか?

というと履歴書にとくかく力を注いでください。

でも履歴書といっても見せれる部分が少なく自分の価値が伝わらないと感じる方も多いかと思いますが、それは強ち間違いではありません。

ですが履歴書が第1の書類選考を審査を通るためには必要なこと。

一体どこに注力すればいいのか?ポイントを言うならば、履歴書の中の「志望動機」です。

意外と簡単に書いてしまいそうな見落としそうな志望動機ですがここを深く濃く書くことで面接官の心をぐっとつかむことができます。

中高年の方は今までの「経験という若者にない武器」があるのでその武器を、志望動機の欄にいかんなく記入して下さい。

その経験とその会社に入って何ができるかを書いて魅力ある履歴書を作れば、職務経歴書がさらなる効果を発揮していくれることは言うまでもないでしょう。

 

まとめ

 

現在の日本では少子高齢化社会に加え、景気が不透明なところをみると中高年の仕事探しは大変難しく、それに家庭をもっている方は家庭と仕事探しの両立でお悩み方も多いかと思います。

仕事探しをする上では、ハローワークだけだと年齢の縛りがでてきてしまうので転職サイトや広告などを利用して仕事探しをすることを覚えておきましょう。

視野は広く、視点は狭くです。

書類選考に面接で落ちてもまだまだあきらめるのは早い!です。

いつまでも働きたいという意思、そして中高年の武器である経験を欲しがる会社が見えないだけで多数存在するのですから。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 転職前に知っておきたいこと