転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

警備員の仕事内容や気になる年収もまとめてみた結果

   

Pocket

guards-1107318_960_720

警備員。

名前だけ聞くと何だか「守る」とうイメージがあり、誇らしい職種のような気がしますね。

具体的な警備員の仕事先としては

  • 道路交通
  • 会社系
  • 金融系

といった様々な場所を守っている感じがしますが、ぶっちゃけた話、警備員はどのような仕事を行っているのでしょうか?

人にはよっては興味がある、仕事に就きたいと思っている方もいると思うので。

ここでは警備員の仕事内容に気になる年収、向いてる人向かない人をまとめてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク




警備員の仕事内容とは?

parade-182501_960_720

警備員の仕事内容はその名の通り、警備することが主な仕事ですが警備員と一言でくくっても業種により仕事内容の内訳は大きく変わってきます。

一般的に警備員は

・施設警備
・交通警備
・運搬警備
・身辺警備

 

と主に4パターンがあり、この業種により、

・仕事の危険度
・警備の仕方
・労働時間

 

が大きく異なります。

生活で身近なものですと施設警備や交通警備があげられますが、これらは比較的仕事もしやすく危険度は低いです。

ただ運搬警備や身辺警備となると危険度も高くなるでしょう。

もし警備員の仕事をしたいという場合は、まず警備員の業種を絞ることをおすすめします。

基本的な仕事内容はその名の通り、警備ですが、警備する職種により仕事の条件が変わってくることを覚えておきましょう。

スポンサーリンク




警備員の気になる年収は?

PAK88_syouhizei10820140304_TP_V

警備員の年収は、大体200万円半ばから300万円が目安です。

勤務時間を自給で換算するなら900~1000円なので決して年収が高いとはいえません。

また警備員は「守る」という仕事の観点から評価がされずらく、警備員から大きく年収が上がることはまず厳しいといえるでしょう。

もし警備員で給料アップを目指す場合は、警備に関する職種の資格をとる方法が上げられます。

車に免許証が必要のように、警備する場所により警備に資格がある場所も存在します。

そういった場所の警備をする為に資格をとったりすることは多少なり、給料アップの査定に繋がる可能性があることを覚えておきましょう。

ちなみに、警備員として働いているのは男性のイメージがあると思いますが全体的な割合から見ると少ない物の女性の警備員も存在します。

 

警備員の仕事に向いてる人は?

警備員に興味がある方は結構いらっしゃるかと思いますが、警備員も仕事なので人により向き不向きが存在します。

警備員になってみたはいいが、なんだかやりがいが感じない。

とならない為にも警備員の向き不向きは知っておきたいところ。

まず警備員に向く方の特徴をあげると

  • 責任感がある方
  • 気が利く方
  • 体力に自信がある方

になります。

警備員の仕事は立ち仕事で警備や誘導することがメインなので基本的に体力仕事となります。

また警備員と言う仕事は「守る」がメインなので、その「守る」ことに使命を持つ人にはうってつけの仕事といえるでしょう。

また対人関係が下手でコミュニケーションが下手な方にもおすすめな仕事ではありますが、場面に応じてお客さんや人とコミュニケーションする機会があります。

そんな時、すぐに機転をきかせて対応する対人スキルや状況判断能力が少なからずいることを覚えておきましょう。

逆に警備員に不向きな方は体が弱い方やじっとしていることが苦手な方になります。

見た目は楽に簡単にみえる警備ですが、過酷な警備の仕事。

仕事の内容や向き不向きを理解した上で就職するか考えてみることをおすすめします。

 

まとめ

 

警備員の仕事に就く事を検討している方には、まずなりたい警備の業種関連の資格もあるかチェックしておきましょう。

関連の資格を知ってるか知らないか、また取得しているかしてないかは今後警備をする上で自身のあり方を大きく左右します。

ただ警備員に就きたい!ではなくどのような使命感をもち警備をしたいのか?

ここをハッキリさせることで就職率も仕事のやりがいもみえてくるので興味がある方は今のうちに固めていくようにしましょう。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - バイトや職業の裏情報