転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

【2016】これから伸びる業界はどこ?おすすめの資格も紹介

      2016/12/02

Pocket

ELL75_yousyohondana20120620_TP_V

今の仕事にやりがいを見いだせず、そろそろ転職を考えている!

新しい業界に挑戦したい!

でも実際どこの業界がいいのか?と言われると初めての事ばかりなので「?」だらけの状態になることは誰だって多いことかと思います。

業界によって職種も資格も大きく変わり、今後の生活も変わり、またその仕事が全然合わなかったら後々仕事自体を辞めてしまう可能性もありますからね。

そんなにならない為にもここでは2016年これから先のことを考えている、転職を考えている全ての方の為に。

2016年、これから伸びる業課はどこなのか?また持っておきたい資格等をご紹介していきます。

スポンサーリンク




これから伸びる業界は?2016

PAK85_deskshiryou20131223_TP_V

収入や生活スタイルが一変して業界選び。

今以上にやりがいを求めてまたそれに見合った収入を得られる業界とはどこなのでしょうか?

それでは早速2016年、これから先まだまだ伸びる業課について調査しまとめていきたいと思います。

 

伸びる業界その1.グローバル・観光業界

年々、観光客の受け入れ態勢が緩和している日本。

今では至る所に外国人が目にうつる景色が拡がっていますが、2016年以降2020年にはオリンピック需要や受け入れ態勢も含めてまだまだこれから伸びる業界であることは間違いありません。

1億人を超えると言われる中国人の富裕層はまだまだ健在。

またこれから伸びる発展途上国を加えるとさらに莫大な観光客が日本に押し寄せてくることは間違いないでしょう。

まだまだ未開拓の観光業界のサービスも多々存在するのでこれから先も長期的に安定の業界になる可能性は高いと思われます。

ANAに就職するには?入社に必要な条件や倍率を徹底まとめ

スポンサーリンク




伸びる業界その2.医療・介護業界

少子高齢化の歯止めがきかない日本社会。

今後も定年退職を迎える方も含め高齢者の増加は免れません。

転職の1つとして求人をみても常に医療や介護業界の仕事は莫大な数が掲載されています。

高齢者の数に対し、就業者の数が足りていないのでこれから先もっと法整備が進めとなると収入も含め、安定的な仕事になる可能性は非常に高い。

医療や介護等、高齢者の今後を見据えたサービスはこれから先も進化を続けていくことは間違いないかと思います。

 

伸びる業界その3.IT業界

急速なスピードで成長を遂げるIT業界。

インターネットを使った様々なサービスは流行っては廃れの一途を繰り返しながらまだまだ成長過程と言えるでしょう。

これから先も生活の一部として深く絡み合うことを考えると新しいサービスが求められ生みだされていくことは間違いありません。

これから先、どのくらい長期的かといえば不透明ですがネットという媒体がなくならない限り、
安定している1つの業界であるのではないかと思います。

感覚的な話をするとヒットするサービスや商品を生み出せばいいに近いので一発当たると人生を大きく変化させる業界でもあると言えます。

2016年といわずまだまだ伸びる業界であることは間違い3つの業界、もし自分が興味があると思う業界が業界の仕事を探ってみる1つの参考にして頂ければと思います。

電通の年収っていくら?気になる内部の評判を徹底調査

楽天の就職の難易度は低い?気になる評判をまとめた結果

 

持っておきたい資格について

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

転職をしようにも仕事をしようにも今は大した武器がない!と考え中々行動ができない方も少なからず多いのではないかと思います。

また資格をとろうにも2016年これから先、その資格が仕事で上手く使えなかったら、収入も含めて影響がなかったらと考えるとどんな資格をとろうか迷ってしまいます。

時代の先行きができれば長期的かつ安定的に役立つ資格を取っておきたいところ。

ここからはこれから伸びる業界関係なく、これから先長期的に役立つ資格だけをまとめてみることにしました。

もしこれから先、転職を考えている、将来の為に新しいことを始めようと考えている!という方は下記の資格を参考にしてみてくださいね。

IT、事務系関連系

・マイクロオフィススペシャリスト
・簿記

 

事務関連などコツコツしたデスクワークに人気の資格です。

ITの分野では・マイクロオフィススペシャリストはワードやエクセルといった資格は世界的な資格認定制度となっているのでパソコンを専門とする職種に役立ちます。

また簿記は会社がある以上、もっておくだけで経理等の仕事はなくなることがないので持っておいて損はないとこれから先も使える資格であると言えます。

実務、グローバル、高齢化どの分野にもあてはまるので職種の幅が拡がる資格の1つといえるでしょう。

 

コンサル系

・ファインナンシャルプランナー
・中小企業診断士

 

高収入を目指す男性に特に人気が高いこの資格

専門性が高い分野なので合格が難しい資格ですが、合格すればその専門分野では生涯役立つ資格と言えます。

 

翻訳系

TOEIC

 

観光業界やグローバルビジネスに役立つTOEIC。

これからますます日本と外国の交流は盛んになっていくことを考えても持っておいて損はない資格とえいます。

仕事だけでなく世界観も含め大きく視野が拡がることは間違いありません。

その他におすすめの資格とはいうと

・ケアマネージャー
・介護職員初任者研修
・社会保険労務士
・保育士
・食生活アドバイザー

 

等、生活に関連する資格も人気を集めています。

どの資格もこれから先役立つものになると思いますが、簡単に言ってしまえば専門分野に特化した資格を取る必要があると言えます。

資格についてはこれから伸びる業界も含めて、これから先の自分のあり方も含めて選ぶことをおすすめします。

好きを仕事にする、これ以上に素晴らしいことはないのですから。

 

まとめ

 

IT化にグローバル化、少し前まではそんな言葉はありませんでしたが今ではそれが「普通」になっている現代社会。

そしてその現代社会によって生まれては消えていく産業が多々あることを多くの方はすでにご存じかと思います。

目まぐるしいスピードで変わる世の中で仕事のあり方も大きく変わりつつあります。

この波についていく為にも業界選びや資格をとっても安心するのではなく、さらに上へ目指して前向きな気持ちで努力するように心がけていきましょう。

※こちらの記事もよく読まれています。

給料が高い職業って何?高卒から女性まで幅広くまとめたみた


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 転職前に知っておきたいこと