転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

転職して後悔したと感じる理由とは?失敗者の事例をみて考えよう

   

Pocket

OHT98_rakutannochinpan_TP_V

転職して新しい会社に入社したのはいいものの…

こんなはずではなかった

と転職後、後悔する人も少なからずいるこの世の中。

中には自分自身の転職への考え方の甘さに原因がある場合もありますし、本当に運が悪かった場合もあります。

今回はこれから先、転職を考えている方が転職して後悔しない為にも先に転職した先輩方が転職して後悔するケースと後悔する理由について模範解答を見ながら考えてみましょう。

スポンサーリンク




前の会社の方が良かったと後悔する理由とは?

TSU888_annabokujyou_TP_V

転職した先輩方の意見で特に多い後悔した理由が、もっと活躍できると思ったのにできなかったりすると、前の会社では活躍していたのにと後悔してしまいます。

簡単に言ってしまえば理想と現実のギャップですね。。

転職後の当初は過去の経験もあり、自信満々で入社しますが結果として気づけば結果が中々出せずじまい。

また前職と比較して判断する転職先なので人間関係や仕事に給料が目減りしていけば後悔は生まれてきます。

そしてなくなって初めてわかる前職の良さや気付き。

自分自身が人間関係も構築し、いかに居心地の良い環境にいたのかじわじわと分かってきます。

その環境を手放してしまったことに後悔している転職失敗のケースは実は見えないだけでかなり多い。

ですが後悔しても時すでに遅い!

そしてその中で残された選択肢は3つ。

  • すべて捨てたと思ってくじけずに頑張るか
  • もう一度転職活動をするか
  • 泣き寝入りして前の会社に頭を下げるか

です。

前の会社と人間は比較してしまうものですから前の会社より良い会社に行くことが転職では大切です。

・オフィスが綺麗なところで働く
・もっと大きい会社に行く
・スピード感のある会社に行く

 

など、自分自身が転職して満足できる条件を転職活動の際には大切にすべきです。

もう一度、転職活動を考える場合は、後悔しないようにもっともっと良い会社に行けるように下準備や今の経験から感じた反省を活かし前へ進みましょう。

ここからは転職失敗者にありがちなリアルな後悔したケースをご紹介します。

転職を考えてる方、必見です。

先輩方の意見を参考にしながら転職について考えていきましょう。

 

全然、やりがいを感じない

自己分析をおろそかにしてしまうと、転職先での仕事に全くやりがいを感じない状況になってしまいます。

今の会社での状況が悪く、落ち着いて転職活動ができない場合は、退職してから落ち着いて転職活動をするのも良いでしょう。

退職してから転職活動をすることで冷静に自己分析が可能ですしそういった自分のメンテナンス期間は今後の転職において後悔して失敗しないようにする為にも大事なことです。

またこのような後悔をする理由として、ありがちなのが「給料の良さで転職先を選んでしまった」です。

自分が今まで何をしてきて、これから何をしたいのか、自分はどんな志向をしているかを自己分析した上で転職活動をしましょう。

 

通勤が遠くて慣れない

通勤時間は、後悔の理由NO.1にはありませんが、他の理由で転職に後悔していると通勤時間の長さにも苛立ちを感じるようになります。

そして、通勤中にどんどんモチベーションが下がっていき、会社に着いた頃には憂鬱マックスになっています。

通勤時間もある程度、考えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク




思ったよりも活躍できない

前職では活躍をしていて、その実績が評価されて年収アップで入社したが、なかなか活躍できないと後悔する人もいるでしょう。

原因は、スキルのミスマッチです。

例えば、企画職でも事業会社で数字を出すのと、受注側の企業で数字を出すのでは、スキルが違ってきます。

その点もふまえて自己分析を行いながら転職先での仕事も考えていく必要を忘れないようにしていきましょう。

 

入社前と話が違う

面接時に聞いていた給料と違った…

欠員補充の転職だったが前任者が辞めなった…

 

など、入社前と条件が違うことがごく稀にあります。

給料に関しては、内定が出てから入社するまでの間に労働条件通知書をもらって確認しておくことが大切です。

面接で聞いていた話と違う場合は、入社を取り止めましょう。

内定承諾後であっても、このようなケースではルール違反になりません。

入社前と話が違う場合は、会社への不信感になります。

おそらく長く続けることも難しくなるでしょう。

再度、転職活動をすると良いでしょう。

 

予想外すぎる長時間勤務

面接で聞いた話とは違って、長時間労働で残業が多いことで後悔するケースもあるでしょう。

面接時に1日の仕事の流れや、勤務時間について聞いておきましょう。

どうしても長時間労働に関しては妥協ができないのであれば、面接時に正直に話して落としてもらうのも手です。

ましてや残業代が出なかったモチベーションも持たないので、残業代の有無を確認することもお忘れなく。

 

まとめ

 

それ以外にも会社の契約書類が粗末だったりすると大切されていないように感じ、転職したことを後悔するなど様々なケースがあります。

転職に失敗し後悔した場合は、そこで3年間働けるのか考えてみましょう。

1ヶ月で辞めるのも、半年で辞めるのも、1年で辞めるのも、そんな大きく変わりません。

駄目だと思ったら早めに転職活動をした方が、場合によって良いかもしれません。

3年間1社で働くことでキャリアもある程度つめるので、転職先で3年間働けるかを考えてみてくださいね。

転職して後悔、失敗したとならない為にもまずは自己分析に下準備を徹底していきましょう。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 転職前に知っておきたいこと