転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

転職先の面接を乗り超える!自己紹介で失敗しない秘訣とは?

      2016/03/05

Pocket

N112_nekutaiwonaosudansei_TP_V

面接は緊張する…

面接まで進んで落ちたとき存在を否定された気持ちになる…面接経験者や落ちた方は過去の面接を思い出し、苦手意識をもっている方も多いのではないでしょうか。

ですがこれを乗り越えなければ新しい転職先での第1歩、新しい自分の道は進むことができません。

特に転職の面接で1番最初にやってくる自己紹介は誰もが緊張するところ。

中途入社を目指す転職活動では

「まず最初に●●さんの大学卒業後からの経歴を紹介してください」

「最初に大学卒業後からの自己紹介をしてください」

 

と聞かれるのでしっかりと転職先の面接での自己紹介で面接官からの印象をアップさせておきたいところです。

ここではこれから転職先の面接を受けられる方が最初の肝心な自己紹介を緊張せず乗り越るために。

転職先の面接官から自己紹介を求められた際に、すぐに対応できるよう話す内容と話す順番や好印象を残す為の秘訣をご紹介します。

スポンサーリンク




面接の自己紹介の流れは?

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

まず転職先の面接での自己紹介の流れは

  1. 氏名
  2. 職務経歴の概要
  3. 業務上の成果
  4. 業務上で得たスキル
  5. 今後挑戦したこと(志望動機)

になります。

詳しくは自己紹介の後で、「これまでやってきた仕事内容を詳しく教えてください」と言われるので、面接の序盤の自己紹介は1~2分程度で伝えるように下準備をしてきましょう。

4分も過ぎると面接官の集中力もきれてしまい、いつまで話すのだろうと思われてしまう可能性があります。

しっかりとコンパクトに自己紹介をまとめる為にも

  1.  まずは紙に自己紹介の内容を書き出す
  2.  ストップウォッチを使用

しながら時間を計り、自己紹介をできるだけコンパクトにまとめていきましょう。

面接は1番最初の自己紹介出だしが肝心!

1番最初にきかれる自己紹介は緊張しますが、ここを乗り越えれば緊張は少しずつ解けていきます。

まずはこの壁をサクッと乗り越える為にも内容を何度も読み返し準備を行っていきましょう。

 

職務経歴の概要はわかりやすく簡潔に

簡潔でわかりやすい自己紹介をすると、その後の面接がスムーズになります。

面接官は話を聞きながら、興味を持った点やもっと聞きたい点をピックアップしています。

なので、自己紹介では、聞いてほしい点を盛り込むことも忘れないようにしておきましょう。

「おっ、面接官が自己紹介にツッコンできた!」

 

と思ったらそれはあなたに興味を示している証拠。

自分らしさをアピールしながら素直な姿勢で取り組んでいきましょう。

ただ転職先の面接の自己紹介で、細かい異動や仕事内容の変化を盛り込む必要はありません。

  • どんな仕事をやってきたのか
  • どんな実績やスキルがあるのか

を分かってもらうことに徹しましょう。

 

応募企業や応募職種に生かせる業務を盛り込む

自己紹介は応募企業や応募職種によって、アレンジをさせましょう。

今までの職務経歴の中で生かせる業務を手厚く紹介しておくと良いでしょう。

その際、実績も合わせて紹介しておきます。

転職回数が多い場合は、転職理由も付け加えておくともし面接官から聞かれた時にスムーズに対処することが可能です。

面接官の反応を見ながら、短めにした方が良さそうな場合は割愛しましょう。

また、3社以上経験していると自己紹介が長くなってしまう可能性があります。

自己紹介で全てを語ると長くなりすぎるので一番メインとなる会社(実績ややりがいがあった)を、そこでの経験を厚く説明し、そのほかの会社の職務経歴は本当に簡単に説明していきましょう。

未経験職種への転職の場合は、なぜ志望しているのかを上手く伝えられるようにしておく必要があります。

将来どうなりたいかを考えて、なぜ応募したのか説明します。

また、職務経歴の概要を説明する際もなるべく自己PRも盛り込みながら話すとより効果的です。

ただ、ここで覚えておいてほしいのが

面接での印象は、何を話したかだけではありません!

面接官は全体的な雰囲気を含めてあなたを見ていることを忘れないようにしておきましょう。

話す内容以外に大切なポイントがありますので。

ココからは面接で自己紹介ができてさらにあなたが好印象にうつり、採用したくなる秘訣をご紹介します。

スポンサーリンク




面接官が採用したくなる3つの秘訣

OZPA_kimisaiyou_TP_V

1.明るい表情で

明るい表情で面接に臨むことは基本的なことですが、一番大切です。

表情は印象を大きく左右しますし、転職や将来に対して前向きな考えでいれば自然に明るい表情になります。

 

2.声は大きく

声の大きさは元気の良さや自信を感じることができます。

ついつい自信がなくなって声が小さいと、この人は入社してから活躍してくれるかな…と不安な印象を与えてしまいます。

 

3.背筋を伸ばして

姿勢が悪いと、だらしない、不健康そうというマイナスイメージを与えてしまいます。

姿勢をよくして、健康で美しい印象を与えましょう。

どれも当たり前のことですが実際に自己紹介ばかり意識しすぎて出来ていない人がおおくいます。

面接官はあなただけでなく沢山の転職者から人材を探していますので面接官にあなたのイメージを強く印象づける為にも秘訣を押さえながら面接に備えていきましょう。

 

まとめ

 

面接の自己紹介では、職務経歴と成果をしっかり話せるように、何が生かせるのか伝えられるようにしておきましょう。

面接は最初が肝心です!

面接官にあたえる印象は、表情や声の大きさの印象も大きいので、転職活動の面接を通してその点も意識して鏡をみながら下準備を行っていきましょう。

とはいっても面接で背伸びして入社しても、入社後にミスマッチがおきて苦労してしまします。

性格や雰囲気を社風に合わせ過ぎても、入社後になじむ事ができない可能性もあります。

転職を成功させるためにも、自分らしく前向きな気持ちで面接には望むと良いでしょう。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 受かる面接対策について