転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

面接で受かる人と落ちる人の違いとは?次回に活かせるポイントも紹介

   

Pocket

GREEN_YA20140125_TP_V

周りを見渡せば、面接1回目で受かる人、何度も落ちる人のどちらかに別れていきます。

面接の機会を得て、面接。

結果、面接に受かる人と落ちる人の違いとは何なのでしょうか?

せっかく、面接へのステップを踏む事ができたならこれは絶対合格して次に続けるOR合格を目指したいところです。

ここでは受かる人の傾向を見ながら、いつも落ちてしまい自信がもてない方に面接に受かるための改善ポイントをご紹介します。

ポイントを押さえながら面接の合格をつかみとってくださいね。

スポンサーリンク




面接で受かる人ってどんな人?

OY151013249932_TP_V

面接で一発合格をする受かる人さんっていったいどんな人で、どんなポイントを押さえているのでしょうか。

まずは受かる人の特徴やポイントを面接官の声を元にまとめると

・清潔感があり、目力があり、自信をもって面接に来ている。
・面接官の受け答えがハキハキと答え、質問に対して的確に答えている。
・面接官に対して、自分を雇ったらメリットがありますとPRがしっかりできている。

 

などこういう傾向にある人が受かる人と特徴にあげられています。

また、もう1つの見えない特徴として面接官に明るく笑顔で面接が始まる前からあいさつや帰る背格好まで意識を研ぎ澄ましている人も面接官に好印象をもたれるケースがあるようです。

どの特徴やポイントも当たり前かもしれませんが、普段の日常生活のことを考えると意外とやってみると難しい項目でもあります。

ですが、やはり見た目は大事ということが面接官の受かる人からわかってきます。

面接かかわらず、人間が人間と関わる世界ではファーストインプレッション(第一印象)が大事です。

これは面接官がこちらを見るように自分自身も会社を見るのと同じ。

面接をする上で自分も面接官の第一印象が悪いとなんかこの会社やっぱり自分に合うのかなと不安になるのと同じです。

面接は自分と会社のすり合わせの場

受かる人さんで、自然とこういう事をやっている人はごくわずかだと思いますが、自分の魅せ方がわかっている人はやはり強い。

面接に受かる大抵の人は、面接の日のために練習やブラッシュアップをして面接に向けて地道な努力をしている可能性大!です。

もし面接で本気で受かりたい!と思うなら受かる人の特徴やポイントを抑えながら自分磨きを行っていきましょう。

スポンサーリンク




落ちる人ってどんな人?

PAK86_atamawokakaerudansei20131223_TP_V

何度も面接に落ちる方、もしかしたら下記の項目に当てはまっている可能性がないか確認してみましょう。

・身なりが整っていない。目に力が入っていない。
・面接の最中に目が泳いでしまう。落ち着きがない。
・過度に緊張して受け答えがたどたどしい。質問を質問で返してしまう。

 

など、面接の場を振り返ってみると意外と「当たっている、心当たりがある」と思う方もいるのではないでしょうか?

自分では中々自分自身が見えないですが、面接官はちゃんとあなたを見ています。

もし少しでも心あたりがあると感じた方は次回の面接の前に改善できるように心がけていきましょう。

面接前に、鏡の前で自分のチェック。

そして面接の時の気分は今日こと認めさせてやるぐらいの強い気持ちで望みましょう。

面接に落ちすぎたことがきっかけで自信がもてず「どうせ落ちる」と思っていると本当に落ちますののでそういう気持ちは払拭して面接に臨むことが一番NGだったりします。

また、面接時の緊張についてですが過度にするとただの挙動不審です。

自分を落ち着かせる事も社会人として大事なこと

焦るような質問をされても、どんと構える覚悟で面接に臨む姿勢で受け答えを行っていきましょう。

 

まとめ

 

面接で受かる人、落ちる人の特徴やポイントについてまとめてみましたが、やはり受かる人というのは自分の事をよく知っていて、自分のPR(売り込み)が上手な点があります。

また、落ちる人は逆にまだまだ自分の良い点を見つけきれていないだけなのかもしれません。

それだけまだ伸びしろが、あるとも考えられますので自信を落とさず今はその点が表に見えてないと思ってください。

あなたの能力はそれこそ1回で受かる人より上の可能性があるのですから。

また面接で採用というのは人が人を見る場面なので、一つのご縁だと思っていいでしょう。

人と人とがつながり、助け合い働く訳ですから、人により合う合わないがありますからね。

次回の面接でその「ご縁」をつかむためにも、面接での反省点を振り返りながら自分自身に常に磨きをかけていきましょう。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 受かる面接対策について