転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

就活で好感度を上げるお礼メールの書き方とは?例文や注意点も紹介

      2016/04/06

Pocket

PAK85_coding15095904_TP_V

就活を行っていると企業にお時間を作ってもらったことに感謝し、お礼メールを送る機会もあることでしょう。

しかし、お礼のメールを送ろうと思ってもついつい気になってしまうのが

  • お礼メールの時間
  • 文章の内容

について。

企業に対するお礼メールだからこそ最低限のマナーも気を付けたいところ。

ですがはじめての就活!企業へメールとなるとどのように送っていいのか?悩んでしまいますよね。

マナーを知らないまま、お礼メールを送って相手に不快な思いをさせマイナスに印象になることだけはどうしてもさけたいところ。

ここでは就活のお礼メールを送る時に使える知っておきたい必要なマナーについてご紹介します。

メールを送るタイミング、文章の内容にメールを送る際に注意する事等をまとめていますので下記を読んで実践してみてくださいね。

スポンサーリンク




就活のお礼メールを送るタイミングについて

PAK75_dashsuru20140823110148_TP_V

まず1番最初に覚えておきたいのが就活後に送るメールのタイミングについてです。

面接や企業訪問が終わり、つい疲れた~となり、お礼メールは後でいいや!

って考えがちですが就活のお礼のメールを送るタイミングは、早ければ早い方が良いと言えます。

「鉄は熱いうちに打て」という言葉がありますが、まさに企業へのお礼メールのスピードの同じこと。

自分が感じたことが1番書きやすいのが面談後なので、面接などが終わったら、さらに企業へ入社したい気持ちを伝えるようにメッセージを送るように心がけましょう。

ライバルは一般的には面接等があった、その日の内にお礼メールを送るのが最適!

就活のライバルは見えないところで差別化をはかりポイントを積み重ねています。

必ずお礼メールを送る必要はありませんが、本当に入社したい会社であればあるほどメール送ること心がけてくださいね。

 

就活のお礼メールの文章の内容

PAK85_yoteihyouwotukerubiz_TP_V

就活のお礼メールを書くとなると相手が企業名だけにどのような文章を送ればいいのか?困ってしまいますが・・・

1番の解決策としてはメールの例文を参考にして送るようにしていきましょう。

下記にちょっとした例文の流れを用意しましたのでお礼メールの参考にして頂けると幸いです。

例文)

~~株式会社

~~~部 ~~~様

~大学~学部~~学科の●●です。

本日はお忙しい中、ご面談の機会を賜り誠にありがとうございました。

面接では、短い時間でしたが、私自身の想いをお伝えすることができたと思っております。

今回の面談を通じて、改めて貴社の社員として働きたい再確認すると共に早く一人前になってお役に立ちたいと思いました。

是非とも良いご連絡がいただけますよう心から祈っております。

この度は、ご面談のお礼を申し上げますとともに、貴社のご発展と皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

———————————–

名前

学校

住所

電話番号

メール

———————————–

 

ただ、お礼メールを作成する時には、例文を丸写しする事は避けるようにしましょう。

ネット上でコピペしたような全く同じような文面があるとこれは手抜きだと企業側に見抜かれてしまいます。

できるだけ上記のメールの例文を元に

  1. 最初に宛名
  2. 次に挨拶
  3. 更に自分が誰かを述べる
  4. それから本文
  5. そして結びの言葉
  6. 最後に署名

と言う形になるようにまとめていきましょう。

企業への感謝の気持ちを伝えると共に自分の想いを伝える!

お互いを想いやる心をもったメールを作成していきましょう。

スポンサーリンク




就活のお礼メールを注意点

就活のお礼メールを送るときの注意点としては尊敬語や謙譲語と言った言葉遣いをきちんと使用して書く様に気を付けるようにしましょう。

就活のお礼のメールでは、お礼だけすればいいメールではありません。

乱暴な言葉遣いを記載する事等は間違っても避ける事が必要です。

特に新卒の方の中には、尊敬語等に自信がない方もいると思うので、この機会を通じてお礼メールや面接の言葉遣いをマスターしていきましょう。

全てを完璧にする必要はありませんが最低限の気遣いが感じられることが大事です。

大人でも尊敬語や謙譲語は間違って使っていますので、最低限気遣いをしている点が感じられたOKといえます。

またお礼メールを送る際は面接での失敗を挽回したり、また想いを伝える為に全体の文量の量が多くなるときもあります。

この場合、熱は伝わっても肝心な内容が相手が響かない可能性がありますのでできるだけ端的にコンパクトにまとめるように心がけてくださいね。

この他にも、メールの文章を作成する上でのミスがないか注意すると良いでしょう。

変換ミスに気が付かずに志望企業にお礼メールを送ってしまった等と言う事のないように気をつけてくださいね。

お礼メールの注意点をまとめると

・言葉遣いに気遣いを
・文量はコンパクトに
・読みやすい文章構成を
・誤字脱字チェック
・口に出して読む

 

になります。

 

まとめ

 

就活だけでなく就職してからも、お礼のメールを送るケースは多々あります。

たかがメール1通ですがこのメール1通が与える効果は計り知れません。

この人はできる!と思わせる為にもメールのテクニックは学んでおいて損はないのでしっかりと学び就活だけでなく現場でも使っていけるように磨きあげてくださいね。

※こちらの記事もよく読まれています。

 

▼就活中に知っておきたい下準備▼

就活に好印象の履歴書の書き方やポイントを全まとめ

就活におすすめスーツの選び方に大事なことまとめ

就活におすすめのネクタイの選び方とは?

就活におすすめのメイク方法まとめ!口紅からチークまで徹底解説

▼就活に役立つメールテク▼

就活用のメールアドレスはどこがおすすめ?取得する時の注意点も紹介

就活時に悩む企業への返信メール!正しい書き方や送り方を徹底伝授

▼面接前に知っておきたい対策▼

就活でこれから面接の前に!知っておきたいマナーと対策3つ

就活で受かる為の良い自己紹介とは?注意しておきたい例も紹介

就活の面接でよくある質問例5つ!受かる為の質疑応答を徹底伝授


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 就活に役立つ豆知識