転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

産休と育休の違いって何?意味から期間や手続まで全まとめ

   

Pocket

150705210784_TP_V

会社勤めで働いている方で出産を希望されている方にとって大事な・産休や育休。

産休と育休もあると働きやすいに越したことはないのですが・・・

何かとよく聞くこの言葉、ふと思ったのですが、産休と育休の違いとは何なのでしょうか?

どちらも子供が関連するので、似たような意味がありますが違いが今1つわかりません。

産休が取れれば育休もセットになってついてきそうなイメージですが、一体この違いはなんなのでしょうか。

ここでは安心して働く上で知っておきたい産休と育休の違いを意味から期間に手続きまでまとめてご紹介します。

スポンサーリンク




産休の意味とは?

pregnant-776506_960_720

似たようなイメージがある、産休と育休。

まずはそれぞれがどのような意味があるのか?気になったので産休から調べてみることにしました。

産休とは簡単に言うと働く女性が産後前から出産後に取れる休暇です。

また産休の条件をみると働く女性で妊娠している場合は、

・アルバイト、パート
・派遣社員、契約社員
・正社員

 

等、働く全ての女性が取得できる制度でもあります。

気になる休暇の日数は産前の6週間~出産後は約8週間まで適応可能!

会社により産休の日数はバラバラですが法律上は上記が基準となっていますので覚えておきましょう。

会社に産休の手続きをする場合は会社に相談し、会社の指示に従って、必要な書類を作成を行い産休を取得することができます。

産休をまとめると

産休:働く女性が産後前から出産後に取れる休暇
日数:産前の6週間~出産後は約8週間
条件:働く女性で妊娠している方
手続き:会社の人事部や上司へ報告

 

という感じですね。

ちなみに産休を機に会社が解雇することは法律でも禁止されているので誰もが安心して取れる制度となっていることをおぼえておきましょう。

 

育休の意味とは?

LISA99_MBA20141018102742_TP_V

子供という点で似たようなイメージがある育休みの意味は簡単にいうと仕事勤め仕事勤めの親が子供を養育する為に休むことができる制度のことです。

また育休を取得する場合の条件をみると

・アルバイト、パート
・派遣社員、契約社員
・正社員

 

の男女が取得できます。

期間は子供が生まれてから約1年ありますが、もし子供に問題がある(病気や障害等)場合はそれ以上の取得も可能です。

また会社で育休を取得する場合は会社に育児休業取得日の1ヶ月前までに申し出ましょう。

産休をまとめると

 

育休:子供を育てる為の休み
日数:約1年(会社による)
条件:子供が生まれた女性、夫、共にOK
手続き:会社の人事部や上司へ報告

 

育休ときくと女性ばかりが対象のように思われがちですが男性でも取得可能です。

全体の統計をみると約30%ほどの男性しか取得しておりませんが、やむを得ない場合などは状況を判断して育休を取得するようにしましょう。

仕事も大事ですが子供の方がもっと大事です。

子供の安心をしっかり確認したうえでバリバリ働いていきましょう。

スポンサーリンク




2つの取得できる性別の違い

education-548105_960_720

さてさて産休と育休の意味が分かったところで早速それぞれの違いを比較しまとめてみると産休と育休の違いは取得する性別の違いが挙げられますね。

産休は女性の制度ですが、育休は男女平等のもの。

男性は育休が取得できるにも関わらず、取得しない傾向がありますが、取得してよい制度なので出来るだけ取得すると良いでしょう。

また産休と育休どちらも補助金や給付金などが存在します。

国によるものと市町村によるもので内容が異なっているので子育てを安心してする為にも今のうちに調査しておくことをおすすめします。

 

まとめ

 

現在の日本では産休や育休の制度があっても企業で働く女性が妊娠した後に不本意な形で職場を

  • 退職
  • マタニティハラスメント

を受けるケースは少なくありません。

何かと出産に関する目は社会全体で見ると厳しい場面がありますが、これから産まれてくる子供と会社は別問題です。

会社に迷惑が・・・の前に!子供を第1優先に考えるようにしましょう。

子供を産む=会社が回らないので仕事を辞めざるを得ない、そんな場合は辞めても良いでしょう。

仕事はいくらでもありますし、その会社があなたの人生の全てでもありません。

子供と共に暮らせる安心して働ける会社選び、人生の転機と受け止めがんばって行きましょう。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 転職前に知っておきたいこと