転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

転職先の面接官に好まれる!志望動機の考え方や答え方

   

Pocket

PAK86_pennotekakikomi20140312_TP_V

転職先の面接時で志望動機を尋ねられる事は少なくありません。

転職の活動を行う上で、志望動機を伝えることは転職するコチラ側の意思をしっかりと訴える為にも大事な要素であることは間違いないでしょう。

しかし、転職活動で志望動機を答える場合、大半の方は志望動機を言う前にやっておいた方がいい対策や答え方があること知らずして面接に挑み、結果落ちている方が沢山いらっしゃいます。

事前に準備をしないまま、答えてしまうと志望動機の内容がプラスにもマイナスにも働きギャンブル的な面接になってしまいがち。

そのような状態だといつまでたっても受からないまま、企業の面接を受け続けることにもなりかねません。

そこで、ここではこれからの転職の面接で志望動機をプラスにする為に!

志望動機の答えを考える前にしておく事や志望動機の良い答え方と悪い答え方など答えるポイントをご紹介します。

スポンサーリンク




転職の志望動機の答えを考える前にしておく事

N811_oyatunojikanwosasutokei_TP_V

転職する時の志望動機の答えを考える前に、しておいてほしいポイントは

  • 自己分析
  • 企業研究

を行っておくことです。

志望動機となると志望動機の理由は自己PRが中心となって考えがちですが、その自己PRを最大限に伝える為にも自己分析や企業研究は必要不可欠な要素と言えるでしょう。

自己分析や企業研究が大事になる理由は、転職を希望している企業にどのように力を与えることができるのか?を明確にすることが大事だということを覚えておいてくださいね。

面接での志望動機に相手(企業)を思いやる心があるのか?ないのか?

このポイントがあるかないか?たったそれだけで面接官が耳にする、あなたの志望動機の受け止め方は大きく変わってきます。

面接官に対して、自分のPRや企業のことを考えた志望動機をしっかりと伝え採用をもらえるように自己分析と企業研究はしっかりと行いましょう。

スポンサーリンク




良い答え方と悪い答え方

ここからは転職の志望動機を聞かれた時に面接が感じる、良い答え方と悪い答え方を具体的に紹介していきます。

まず、良い志望動機の答え方は、「実際的である事」が挙げられます。

実際的を簡単に言うならば仕事場でのよりリアルティのある対応って感じですね。

この点については自己分析や企業研究をきちんと行っていれば、実際的に答えやすく

  • 企業がどのような人材を希望しているのか?
  • 自分がどのように役立てるのか?

をしっかりした裏付けを伴って面接で説明出来るようになります。

全ては自己分析や企業研究を行ったか?否か?

志望動機で「実際的」に答えら得るようにしっかりと下準備を進めていきましょう。

では良い答え方の反対となる、悪い答え方はどのような物があるのでしょうか?

まず、転職を志望している企業にどのような形で、力になるかと言う事から全く外れた答えが挙げられます。

例えば、その企業の休日が多い事等が志望動機であるとする事等です。

仕事の内容よりも企業の福利厚生やサービス面など全然サブの方にポイントを置いた志望動機や曖昧な答えは転職を希望している会社にとって、どのような形で戦力になれるのかと言う事が分かりにくいと言えます。

こういった志望動機の答え方はマイナスとなり、不採用になるケースが多々あるので面接での志望動機はあなたが企業に与える効果を第1に考え志望動機を伝えるように心がけていきましょう。

 

面接での答え方や履歴書のポイント

志望動機を転職の面接で

  • 面接官にどう答えるか?
  • 履歴書にどう記載するか?

はどちらも面接で採用されるためには大切なポイントです。

口でも紙でも志望動機について企業に対し伝えたいことは沢山あるかもしれませんが、分量が多過ぎると、分かりにくくなってしまう場合もあるので分量には特に注意していきましょう。

例えば、履歴書に小さな字で沢山書いてあると読みにくかったり、面接の時に話す量が多過ぎると理解しにくかったりします。

口でも紙でも志望動機はできるだけコンパクトにわかりやすくまとめる。

志望動機についての考え方を理解したら実践する際は、コンパクトにわかりやすくを心がけて行動していきましょう。

 

まとめ

 

人により様々な価値観がみえる面接での志望動機。

面接のマナーや質問については人それぞれ対策を行っていたとしても志望動機の対策は結構おろそかな傾向があります。

志望動機は面接での採用の決め手にも繋がる大事なポイントになりますので下準備や答え方は事前に練習し、ライバルとは一味違うと思わせるように努力していきましょう。


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - 受かる面接対策について