転職なう!

今、これから先、転職を考えている全ての方へ!転職を成功させる為に知っておきたい転職の下準備から良い会社の探し方、受かる面接対策まで知っておきたい転職の知識や仕事に役立つ情報をお届けします。

*

ブラック企業の体験談を赤裸々に語ってみることにする

      2016/03/11

Pocket

JSK542_boroboronoyousyo_TP_V

ブラック企業!

誰もが就職する中でブラックとわかっていたら回避したい企業の総称ですが…

僕自身はそのことを知らずしてブラック企業に勤めていた経験があります。

ここではブラック企業に勤めていた僕がリアルに感じたブラック企業体験談を赤裸々に語っていきたいと思います。

今現在、ブラック企業に勤めている方、またブラック企業とは?が気になる方も含めて参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク




僕のブラック企業体験談

PAK88_minnaM0275_TP_V

まずは僕がブラック企業体験談を前に、どのような業界のブラック企業にいたのか?をご紹介します。

同じ業界にいる方は少なからず、同じような体験をしていると思いますので現在体験中の方や興味がある方も含めて

こういった企業もあるんだよ!

 

という割り切った形で読んで頂けたらと思います。

僕がブラック企業の業界はEC業界です。

人によっては、ネット通販とかEC運営と言った呼び方等様々ですが言ってしまえばインターネットを使った小売になります。

大手でいうなら赤いロゴの企業がブラック企業として名高いですがそういう企業にぶら下がり、ネットショップを運営する中小企業になります。

見た目が私服で儲かっている、頭良さげでうらやましく見られがちな印象のEC業界ですが果たしてその裏側はどうなのでしょうか?

※全てのEC業界に属する企業が全てこのような形ではある訳ではありません。

下記からはあくまで僕の体験談です。

 

はじまり

僕がブラック企業を体験したのはもう3年前のことです。

当時、業界のことも含めて無知だった僕はこういう業界で仕事ができればいいな~の思いから就職活動を行っていました。

そして就職活動をする中、面接を受けた1つ会社から内定を貰うことができ働くことを決意した僕。

当時を思い返すと正直なところ、内定をもらえたことに喜んでいたことを今でも覚えています。

私服で和気あいあいと楽しそうに働く仕事ぶりをみると何とも羨ましいその姿。

僕も彼らと同じような環境でプロとして働けるのかな?と思うとついつい心から嬉しくなっていました。

そしてむかえた入社の日。

特に問題もなくスムーズに1日を終えることができました。

 

かげりが見えてきた1ヶ月目

毎日が新鮮で覚えることが多く、仕事のやりがいや大変さを学ぶ日々が続く中。

すこしずつ何だかおかしい?と感じてきたのは1ヶ月目です。

研修期間だったこともあり、夕方に返されることが多かった僕ですが、日数が立つにつれ帰るのが遅くなる日々。

17時が18時になり、18時が19時、19時が20時になっていきました。

帰りが遅くても、その中でも顔色変えず、黙々と楽しそう?に働く社員達。

なんだかおかしい・・・と感じながらもこれがこの業界では普通と言い聞かせて働いていたと思います。

そんなおかしいと思う日々もあっという間に迎えた1ヶ月。

仕事でミスしたり失敗しながら辛い日々を乗り越えながらも気づけば3ヶ月目をむかえ正社員を迎えました。

 

価値観がくるった当時の日々

LIG_kodokunizangyoucyuu_TP_V

仕事ができるのか?と言われると3ヶ月たってもまだまだな僕でしたが、当時は1つでも役に立てたらという思いでガムシャラに働いていました。

まだまだ3ヶ月、もっと役に立ちたい。頼られたい!

という思いが当時は強かったのでしょう。

ですがそんながむしゃらに働く中、気づけば長時間労働の環境や企業特有の暗黙のルールが僕の中で当たり前のようになっていました。

当時はブラック企業という言葉さえ知らず、こういう会社なんだな!で割り切って働いていましたが、周りに話すとブラック企業では?と言われる始末。

ブラック企業って何?と思いながらもそんな言葉さえも知らなかった僕は企業のあり方を得意のネットで調査してみることに。

そして気づく

一般的な企業との価値観のずれ

スポンサーリンク




ブラック企業のあり方

低賃金、長時間労働、人材の使い捨て等、いまだに定義が曖昧なブラック企業ですが、僕が働いていたブラック企業は下記のような形になります。

・長時間労働(朝から夜中までたまに丸1日)
・人材の使い捨て(2ヶ月に1人辞める)
・ワンマン経営(北朝鮮に近い、媚売りが気に入られる)
・パワハラ(嫌われたり総攻撃でいじめ、精神論が多い)

 

といった感じですね。

細かいことを説明すればそれこそキリがないのですが、当時働いていた企業のあり方は上記の通りです。

全体をみると営業をメインとしている、企業形態にのあり方にもありそうですがEC業界はネットでの小売がメインなので似たようなものです。

またECやネットショップなどを使った仕事は正直終わりがないので長時間労働が当たり前のところも見えないだけ多いことでしょう。

店舗運営やページ作成、問題点をいえばキリがありませんし、数字ではなく感覚的な指示も飛んできます。

PCをメインとした職種をしている方は見えないだけで少なからず同じような日々を過ごしているのではないかと思います。

この価値観が普通だった僕、会社を辞めていく方は

  • 競争に負けた
  • 、適応できなかった
  • 燃焼し尽くした

といった形で当時は見ていたのかもしれません。

また辞めるの働く人の中ではそれこそ

  • うつなどの精神的な病
  • 命に関わる病

を発症されいた方も少なからず多くいましたが自分のことで精一杯でやめた方のことに心配に時間を割くことはありませんでした。

そして毎日繰り返される日々。

 

実はブラック企業に感謝している

PAK75_dashsuru20140823110148_TP_V

ブラック企業の自覚がありながら働く僕。

普通は辞めて職を変えたほうが良いというのが周りの意見なのでしょうけど僕はブラック企業と分かっていても仕事を辞めませんでした。

理由としては入社した当時から仕事をする中でいくつかの目標があったのでそれをクリアするまではどんなに嫌な場面があろうとも決して辞めないと勝手にルールを作っていました。

そして1年の月日が過ぎ、ある時、全ての目標を達成。

その後、今後の自分のあり方を考え、自主退社を迎え今に至るわけですが。

今となって振り返ればブラック企業で働けたことに感謝しています。

普通の人がきくと

「頭おかしくなったか?」

と感じるかもしれまませんが、僕の中ではブラック企業で働けたことは大きな財産となりました。

それこそ

  • 企業の見極め方
  • 人間の見極め方
  • 人間力

は他とは比べものにならないほど得たことは間違いありません。

辞めた後はまるで地獄からの生還者の気分といいますか…

やめてから再就職しても当時のような地獄はもうありませんし、転職して仕事の意識や質が向上したことは間違いありません。

ネット等ではブラック企業は悪い!というイメージが蔓延していますがブラック企業を勤めていたことを良いも悪いも受け止めるのは全てはその先の自分次第と思っています。

ブラック企業で長年勤めるか?勤めないか?は将来につながるので自己の判断に任せますが、最終的に振り返ったときに得る物があったと思えばそれは1つの人生経験として役に立つときがくるのではないか?と思います。

今こうやって記事を書くことができるのも過去の体験があったからこそです。

皆さんの職種が何か僕には分かりませんが、この記事が皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

まとめ

 

僕のブラック企業体験談、長々と思ったことを語ってみましたが皆さんはどのように感じたでしょうか?

ブラック企業だけでなく仕事場では仕事内容や人間関係に会社のルール等に縛られ何かと学生とは違い辛いことも多々あると思います。

ですがそんな山あり谷ありのあり方も含めてその道を選んだのは自分です。

人生は選択と行動の連続

これから先、あなたがどんな選択をし、どんな行動をとろうとも全ては自分次第ということを忘れないでください。

皆さんのこれからの活躍を心からお祈りしております。

※こちらの記事もよく読まれています。

ブラック企業を辞めたい方に!賢い辞め方を準備段階から伝授

ブラック企業を辞めない社員の理由をまとめた結果


スポンサーリンク


おすすめの転職、求人サイト3つ

NO.1リクナビnext

質と量共にNo.1のリクナビnext。
転職を考えてる方から今すぐ転職した方におすすめの転職サイトです。

【賢い使い方はコチラ】
リクナビnextを丸裸に!登録方法から賢い使い方まで徹底伝授




NO.2はたらいく

地元企業で転職したい方におすすめのはたらいく
普通の転職サイトにないニッチな求人が多数掲載してあります。

【賢い使い方はコチラ】
はたらいくってどんなサイト?特徴や登録方法に賢い使い方を徹底伝授




NO.3バイトルドットコム

テレビでも有名なバイト探しサイトバイトルドットコム!
短期的な収入からその後の正社員を考えてる方におすすめです。

【賢い使い方はコチラ】
バイトルドットコムを丸裸に!登録方法から賢い使い方を徹底伝授

 - ブラック企業かも?と思ったら